原因と対策は?

【症例②】チェロ奏者の指の痛み(腱鞘炎)

【原因】弓を操作する時の力み

チェロ奏者の指の痛み(腱鞘炎)の原因は、多くの場合、以下の3つが原因となって不自然な「力み」を生んでしまいます。

弓を持つ親指の位置が小指側に近い

親指が小指に近い位置にあると、小指に力が入りやすくなります。また親指で弓を抑える力が落ちるとブレやすくなるため、手首にも余計な力が入ります。

手首を小指側に倒して固定している

小指側に手首を倒して固定した状態になっていると、小指の筋肉に力が入りやすくなります。(尺側手根屈筋の力を小指屈筋群が代償)

猫背による巻き肩

チェロのエンドピンの長さやチェロの支え方によって猫背が起きやすくなります。猫背は肩甲骨の動きを悪くし、肩の疲労や張り・痛みの原因になります。

コンディショニングサロン ハルモニアでは
対処療法的ではなく根本的な原因へアプローチします。

ハルモニア式アプローチはこちら